2016年6月26日日曜日

OpenLayers 3 を使ってみよう(その16:OpenLayers v3 で Google Map と地理院地図を重ねる)

 これは,OpenLayers 3 を使ってみよう(その15:OpenLayers v3 で Google Map を表示)からの続きになる。 OpenLayers 3 を使ってみよう(その0:はじめに:地理院地図を表示)に目次がある。
 その13までのページでは OpenLayers v3.7.0 で書いてきたが,ここでは OpenLayers 3.16.0 で書かれている。
 前回(その15:OpenLayers v3 で Google Map を表示)は,Google Map を OpenLayers v3 を使って表示させる例について書いた。 今回は Google Map と地理院地図を OpenLayers v3 で重ねて表示してみよう。 ただ,やっていることはこれまでの投稿に載せたものを組み合わせただけなので,このブログを読めばできないことはないはずだが…。

 まずは JavaScript を含んだ web ページのソースを載せよう。 説明は このソースの下に書こう。
<!doctype html>
<html lang="en">
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="chrome=1">
<meta name="viewport" content="initial-scale=1.0, user-scalable=no, width=device-width">
<style type="text/css">
   div.fill {width: 100%; height: 100%;}
   body {padding: 0; margin: 0;}
   html, body, #map {height: 100%; width: 100%;}
</style>
<script src="http://maps.google.com/maps/api/js?v=3&key=AIzaSyC9kDhQ95raZdgIv8sXTkHRN6LDl5zM7rw"></script>
<title>Google Maps integration example</title>
<link rel="stylesheet" href="../../OpenLayers-3.16.0/css/ol.css" type="text/css">
<script src="../../OpenLayers-3.16.0/build/ol.js"></script>f
<script type="text/javascript">
// -------------------------------------------------------------------
var map = null;        // map 変数
var view = null;       // view 変数
var olMapDiv = null;   // OpenLayers Map 用のweb page 上の領域

var cyberJ = null;     // 地理院地図用の変数
var kml_vector = null; // KML ファイル用変数
var wp_vector = null;  // waypoint KML ファイル用変数 2

var center_lon = 135.804055; // 表示中心の経度(デフォルトは始点の経度)
var center_lat = 35.0515416666667; // 表示中心の緯度(デフォルトは始点の緯度)

var kml_url  = "workn2/o3cjmap_data.kml";
var kml_url2 = "workn2/o3cjmap_wpdata.kml";

var initZoom = 15; // ズームの初期値
var MinZoom  = 6;   // ズームの最小値(最も広い範囲)
var MaxZoom  = 21;  // ズームの最大値(最も狭い範囲)

var initPrecision = 8; // 座標表示の小数点以下の桁数の初期値
var initOpacity = 0.5; // 不透明度の初期値
var gMaxOpacity = 1.0; // 不透明度の最大値
var gMinOpacity = 0.0; // 不透明度の最小値
// *******************************************************************
function init_map() {
    var gmap = new google.maps.Map(document.getElementById('gmap'), {
      disableDefaultUI: true,
      keyboardShortcuts: false,
      draggable: false,
      disableDoubleClickZoom: false,
      scrollwheel: false,
      streetViewControl: false,
      mapTypeControl: true,
      mapTypeControlOptions: {
        style: google.maps.MapTypeControlStyle.DROPDOWN_MENU,
        position: google.maps.ControlPosition.TOP_RIGHT,
        mapTypeIds: [
          google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
          google.maps.MapTypeId.TERRAIN,
          google.maps.MapTypeId.SATELLITE,
          google.maps.MapTypeId.HYBRID
        ]
      },
      zoomControl: false,
      scaleControl: false
    });

// make sure the view doesn't go beyond the 22 zoom levels of Google Maps
// 表示用の view 変数の定義
    view = new ol.View({
      maxZoom: MaxZoom,
      minZoom:MinZoom
    });
    view.on('change:center', function() {
      var center = ol.proj.transform(view.getCenter(), 'EPSG:3857', 'EPSG:4326');
      gmap.setCenter(new google.maps.LatLng(center[1], center[0]));
    });
    view.on('change:resolution', function() {
      gmap.setZoom(view.getZoom());
    });

    kml_vector = new ol.layer.Vector({
      source: new ol.source.Vector({
        url: 'work/o3cjmap_data_20160611.kml',
        format: new ol.format.KML({ showPointNames: false })
      }),
      style: new ol.style.Style({
        stroke: new ol.style.Stroke({ color: '#319FD3', width: 1 })
      })
    });

    wp_vector = new ol.layer.Vector({
      source: new ol.source.Vector({
        url: 'work/o3cjmap_wpdata_20160611.kml',
        format: new ol.format.KML({ showPointNames: false })
      }),
    });
// cyberJ の opacity をいじるために,cyberJ という変数に入れている。

    cyberJ = new ol.layer.Tile({
        opacity: initOpacity,
        source: new ol.source.XYZ({
            attributions: [ new ol.Attribution({ html: "<a href='http://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html' target='_blank'>国土地理院</a>" }) ],
            url: "http://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{z}/{x}/{y}.png",  projection: "EPSG:3857"
        })
    });

    olMapDiv = document.getElementById('olmap');
    map = new ol.Map({
      layers: [cyberJ, kml_vector, wp_vector],
      interactions: ol.interaction.defaults({
        altShiftDragRotate: false,
        dragPan: false,
        rotate: false
      }).extend([new ol.interaction.DragPan({kinetic: null})]),
      target: olMapDiv,
      view: view
    });
    view.setCenter(ol.proj.transform([center_lon, center_lat], "EPSG:4326", "EPSG:3857"));
    view.setZoom(initZoom);

    olMapDiv.parentNode.removeChild(olMapDiv);
    gmap.controls[google.maps.ControlPosition.TOP_LEFT].push(olMapDiv);
} // init_map()
// *******************************************************************
// 地理院地図 (var cyberJ) の opacity(この場合は不透明度) を変える
function changeOpacity(opacity) {
    var newOpacity = (parseFloat(document.getElementById('opacity_control').innerHTML) + opacity).toFixed(1); // 新しい opacity の値を求める
    newOpacity = Math.min(gMaxOpacity, Math.max(gMinOpacity, newOpacity)); // 最大値と最小値の範囲を超えないように
    cyberJ.setOpacity(newOpacity); // 地理院地図の opacity の変更
    document.getElementById('opacity_control').innerHTML = newOpacity.toFixed(1); // opacity の数字の表示書き換え
}
function directSetOpacity(opacity) {
    cyberJ.setOpacity(opacity);  document.getElementById('opacity_control').innerHTML = opacity.toFixed(1);
}
// *******************************************************************
</script>
</head>

<body onload="init_map()">
  <b>&nbsp;不透明度・0.2ずつ変更:
    <a title="decrease opacity" href="javascript: changeOpacity(-0.2);">&lt;&lt;</a>
    <span id="opacity_control">0.5</span>
    <a title="increase opacity" href="javascript: changeOpacity(0.2);">&gt;&gt;</a></b>

  <div id="map" class="map" style="width: 100%; height: 97%; position:absolute; top:25px; left:0px; font-size:100%;">
    <div id="gmap" class="fill"></div>
    <div id="olmap" class="fill"></div>
  </div>
</body>
</html>


 今回は,Google Map と地理院地図を重ねて表示させるために,それぞれの地図を読み込ませている。 Google Map に関しては,前回(その15:OpenLayers v3 で Google Map を表示)の記載の通りであり,地理院地図はこの一連の投稿の最初の回(その0:はじめに:地理院地図を表示)に書いたとおりの方法で読み込ませている。つまりは,ほんとに重ねただけ,である。 ただし,Google Map がベース(層で言うと下層)になるので,地理院地図の不透明度を変えて,一方のみ,あるいは両方の地図を重ねて表示できるようにしている。不透明度を変える方法は,その2:地図の不透明度を変えるに記載があるので見てみて欲しい。

 念の為に上記のソースの説明をしておこう。 web ページのソース部分は,赤色部分が OpenLayers のライブラリの読み込み関連の部分であり,灰色部分は web の基本的な要素である。 青い部分は,Google Map の定義部分である。 これは前回と変わりないが,zoomControlOptions は消しておいた。

 水色の部分は ol.View クラス関連であり,中心や zoom の設定を行っている。ここも前回と同様である。

 緑色部分は,国土地理院の地図情報を得るための変数の定義であり,この一連の投稿でずっと使ってきたものである。

 紫色の部分は,国土地理院の地図の透明度(実際は不透明度)を変えるためのルーチンである。 詳しくはその2:地図の不透明度を変えるを見てみて欲しい。

 オレンジ色の部分は,OpenLayers v3 の地図変数(map)の定義である。 前回との違いは,cyberJ という layer を設定することで,地理院地図を表示させている。

 これで Google Map を読み込んで,その上に KML 経路データを記述できる。 「その16」のサンプルを具体的な web ページとして用意したので,具体的な表示を見てみて欲しい。 (ちなみにサンプルページはアクセスログを取るルーチンを組み込んでいます)

その17:OpenLayers v3 で 経路の距離を測るに続く

0 件のコメント: